琉球ガラスの魅力

 琉球ガラスの魅力は、なんといっても手作りならではの偶然の芸術です。
 機械製品も綺麗ですが、やはり手作りガラスに比べるとどこか魅力に欠けます。また、琉球ガラスには、カラフルな製品が多く、南国沖縄をイメージする製品が色々あります。
 沖縄にガラス製品が伝わったのは、1600年代ということです。中国と大和(日本)の中継国だった沖縄(琉球)は、シルクロードを渡ってきた様々な製品もいち早く伝わったそうです。その沖縄でガラス製品の製造が始まったのは、明治時代ぐらいだそうです。当時は、ランプのホヤなどを作っていたらしいのですが、沖縄戦で工房が破壊され、終戦直後はガラスの製造が途絶えたそうです。戦後、琉球ガラスは、物のない時代に駐留米軍で飲まれていたコーラやビールの空き瓶を利用して、色付きの琉球ガラスを製造したことに始まるそうです。琉球ガラスは、駐留米軍向けにワインのデキャンタやポット、食器などが作られ、米軍のお土産にもなったそうです。
 そのような歴史を経て、琉球ガラスは発達してきました。

琉球ガラスの魅力

琉球ガラス  その琉球ガラスの魅力は、手作りの持つ造形美と、気泡や色のグラデーションといった偶然の美しさでしょう。琉球ガラスの製品を光にかざすと、色々な光の輝きが見えます。ひび割れが入っていたり、気泡が入っていたりと色々な製法があり、色のグラデーションもとても綺麗です。

世界に広がる琉球ガラスの技術

琉球ガラス  琉球ガラスは非常に高価なものですが、近年、ベトナムに工房を造り、その技術を利用して安価に抑えられた琉球ガラスもあります。琉球ガラスと呼ぶとややこしいのですが、一つのガラスの製法技術のようなものですね。なお、製品には原産国名がシールで張られているので直ぐに分かるようになっています。もっとも、ベトナムの工房には、沖縄の琉球ガラスの職人が駐在し、技術指導に当たっているので、沖縄での琉球ガラス製品とほとんど違いはありません。むしろ安価でいい製品が手に入ります。

関連記事
カテゴリ :その他
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫